ベッドの買取りガイド ~絶対に知っておきたいベッド買取りの鉄則とは~

大型家具のベッドは処分するときに結構困ります。行政のホームページに行き、捨て方を調べて、シールを購入して、電話をして・・・・と結構面倒なものです。

 

 

さらに、ベッドの大きさによっては、けっこう処分の費用もばかになりません・・・
なるべくならお金をかけずに処分したいところです。では、ベッドを買い取ってもらうには、どうしたらいいでしょうか?

 

ベッドの買取り方法とは

 

リサイクルショップや買取り業者があります。使わなくなった、いらなくなったベッドは、買い取ってもらうことができます。

 

 

では、どのような業者や処分方法があるのでしょうか?見ていきましょう。

 

ベッドの買取り専門店に買取を依頼

これが一番オススメかもしれません。電話をして、ベッドの大きさや購入てから、使った年数。状態などを電話で伝えます。
後日、見積もりにきますので、業者の人にベッドを見せましょう。
業者に頼むので、ベッドを運び出す手間や、ベッドを解体する手間が入りません。

 

 

家具の買い取り専門店に依頼をする

家具全般の買取りをしている業者のことです。
彼らは、ベッドだけでなく、ソファーやテーブルなどの買取りもしています。
専業でやっているわけではありませんので、商品知識や、最新の相場について知らない場合もあります。

 

 

リサイクルショップに依頼する

 

東京などの大きな都市ではへっていますが、街の小さなリサイクルショップに依頼する方法があります。 トレジャーファクトリーさんなど、国道沿いに大きな店舗を構えているお店もあります。


 

大きな店舗を構えている会社は、それだけ人件費や家賃がかかっています。そのため、あまり高く買い取りをしてもらえない・・・という事もあります。 反対に小さいリサイクルショップに依頼をすると、多少の汚れや染み、汗の臭い、へたりで大幅に査定額が落ちるところもあります。

 

ネットオークションで売る

 

ヤフオクなどインターネットを利用して、自分でうる方法があります。 仕事が忙しくない人、時間をかけてでもなるべくベッドを高く売りたい!!という方にはオススメの方法です。
写真の撮り方や、値段の付け方などに工夫が必要になります。
さらに時間がかかるので、あまりオススメできませんが、学生さんや主婦の方にはいいかもしれません。

ベビーベッドなどはかなり需要があります。安易に処分せず、 きれいな状態であれば、売ってしまうのも一つの方法です。

 

 

 

 

業者に頼むメリットとは?

 

仕事が忙しくて、ゴミや大型家具の処分が後回しになってしまう・・・ ということがありませんか?

ベッドの処分、買取り業者に頼むと、ベッドを即日で処分をしてくれます。

さらに、 指定した日に取りに来てくれますので、行政で処分してもらうのと違い、わずらわしい手続きがまったくありません。

手間をかけたくない人は業者に頼むのがベストです。

 

 

業者に頼むデメリットとは


 

いまの時代、ネットでほしい個人に売るということが簡単にできます。業者にベッドやマットレスの買い取りを頼んだ場合、 自分で売るよりもやすくなります。
配送の手配、入金の確認など、慣れていないと時間がかかって大変かもしれません。

変な業者が来てしまうと、無駄にお金がかかる場合もあります。業者選びは慎重に行いましょう。

 

 

見積もりに不満があったらどうしたらいいのか?

 

見積もりに不満があっても、断るのが気が引けてしまう・・・

という人もいるかもしれません。

そんな人は、サイトをみて、「高値買取!!」とやたら強調しているサイトを避ければ大丈夫です。

 

 

いらないので、無料で引きとってほしい場合

業者によっては無料で引きとってくれるベッドと、引きとってもらえないベッドがあります。

 

 

ニトリなどで、1万円で買ったベッドなどは、売る時はまったく値段がつかない・・・ ということも多くあります。

買った値段が安い場合、注意しましょう。

 

 

どんなベッドが買い取ってもらえるのか?

 

買った値段に比例する!!というのが一番の結論です。
当たり前ですが、買った値段が高いほど、売れる金額も高くなる傾向にあります。
よって、ブランドベッドは高く売れる可能性があります。

 


反対に、イケアやニトリで買った安いベッド。 ネットで買ったベッドなど比較的安いベッドやマットレスはあまり値段がつかない可能性があります

 

 

ベッド+マットのセット

 

ベッドのフレームと、マットレスがセットになっているベッドです。

 


 

一般的にベッドというと、こちらのタイプを指します。
ブランドベッドやマットレスの場合、フレームとマットレスを別々で買う方がかなり多くいらっしゃいます。

 

2段ベッド

 

子供のいる家庭などでは、定番かもしれません。
狭いスペースに寝る場所が2段作れるので、日本では比較的に人気があります。

 

2段ベッド

 

ベッド用木材で人気のひとつが「ひのき」です。

吸湿、防虫防カビ性に優れており、また森林を思わせる天然の香りにはリラックス効果もあります。

収納もたくさんあるタイプが人気があります。

 

2段ベッド

 

パイプタイプのベッドフレームもあります。パイプベッドは軽いため取り付けもラクで木製に比べお手入れがしやすく、オシャレなデザインです。持ち運びが楽なので、女性でもひとりで移動できます。

 

 

ロフトベッド

 

二階立てなっているベッドです。 下はデスクやしゅうとして利用出来るタイプなどが売っています。イケアなどで購入したひとも多いかと思います。

 

ロフトベッド

参照:http://www.i-office1.net/SHOP/23398/list.html

 

収納スペースもロフトベッドもほしい!!という人にはロフトベッドを買う人が多いかと思います。

 

 

折りたたみ、パイプベッド

 

購入するときの金額が安いので、あまり高値がつきません。逆に処分料金がかかってしまう場合があります。
無料で引きとってくれたらありがたい。くらいで思っているとよいです。

 

 

ベッドの寝台はメッシュ床などでつくられています。

 

 

ベッド(マットレス)は何年持つのか?

 

ブランドのない中国製のマットレスの場合(だいぶ雑な分類ですが)だと、場合によっては4~5年でダメになる可能性もあります

使う人の体重、体格、汗のかき方、寝返りの回数、などにも左右されます。

 

 

さらに、スプリング自体の硬さや作りも関係します。マットレスは固く作れば作るほど、長持ちします。しかし、寝心地は悪くなります。

 

 

高く売るためのポイントとは

 

高いお金を出して買ったベッド、いらなくなったとはいえ、なるべく高く売りたい!!と思うものです。
では、どのようにしたら、高くベッドを買ってもらえるのでしょうか?

 

ベッドを売るときの注意点

 

1.キレイな状態に保つ

基本ですが、綺麗な状態であればあるほど、金額は高くなる可能性があります
掃除をして、綺麗な状態にしておくと、査定の時に好印象になります。

しかし、なぜ掃除をしておくといいのでしょうか? それは、業者も掃除をする手間が省けるからです。

 

2、ブランドベッドであること

キングスダウン、シーリー、フランスベッドなど、人気のある高級ベッドは値段が硬くなる傾向があります。
当たり前ですが、金額が高いベッドほど、作りがしっかりしています。
さらに寝心地も、値段の高いベッドの方が、ここちよいです。

 

3、保証書などを用意しておく

高級なベッドであるほど、メーカーの保証書などがついています。

保証書がなくてもまったく問題はありませんが、保証書があると値段が高くなる可能性はあります。

 

 

買い取り業者の賢い選び方とは

なるべく高く売るなら、ベッド買取りを専門にやっている会社がオススメです。

自分で処分する方法もありますが、やはり手間がかかります。売れそうなベッドをお持ちなら総合的にみて、業者に頼む方がお得です。しかし、売れなそうな安いベッドの場合は、自分で処分する方がいいかもしれません。

業者を選ぶ場合は、ホームページをみて、安心できそうなところに頼むのが、一番のオススメかもしれません。

 

どこも見つからない場合は、ぜひ、エコ空間にご相談くださいませ。

 

 

 

ベッドの買取り

ベッドの買取りよくある質問

業者の選び方とは

御者はどこを見ているのか?

使わなくなったベッドの処分方法とは

ベッドの解体方法とは

高く売る方法とは

買い取りの相場とは

失敗しないブランドベッドの選び方とは

ロフトベッドやラックなどの家具は売れますか?

ニトリのベッドの処分に困っています

キングスダウンのマットレスを買いたいのですが

運び出すことができないのですが・・・

保証書がないのですが、大丈夫ですか?

 

ベッドについて知ろう

ベッドの選び方

失敗しないブランドベッドの選び方とは

オススメベッドのメーカー

なぜ、寝返りをうつのか?

マットレスは何年もつのか?

なぜ腰が痛くなるのか?

ボンネルコイルとポケットコイルの違いとは

フロアベッドの5つのメリット・デメリット

 

マットレスの選び方

ベッドフレームの選び方

夫婦でのベッドを選ぶときのポイントとは

一人暮らし ベッド 買い方

狭い部屋でのベッドの選び方

布団とベッドどっちがいいのか?

幼児・子供のベッドの硬さとは?

 

 

ベッド・マットレスの買い取りをお考えなら、今すぐご相談くださいませ。ご相談、お見積りは無料にてさせていただきます。

 

お問い合わせ

 

フランスベッド・シモンズ・キングスダウン・東京ベッド・ドリームべッド・カリモク・ シーリー・サータ ・日本ベッド・IDC大塚家具・レガリア・無印良品・西川・マニフレックス・テンピュール ・シモンズ・ シーディー ・フランスベッド・ ケユカ・エアウィーヴ
ローラアシュレイ・ ウニコ ・アスリープ・ スランバーランド ・アルフレックス・カッシーナ

などベッド・マットレスの買い取りならお任せくださいませ。

 

 

 

ベッドマットレスの買取り

 

■東京都でベッドマットレスの買取り地域

練馬区大田区港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域で新品のベッドから、中古のベッドまでベッド・マットレスの買い取り、処分ならエコ空間にお任せくださいませ。

 

■神奈川県でベッドマットレスの買取り地域

横浜市・川崎市・ 川崎市麻生区・川崎市川崎区・川崎市幸区・川崎市高津区・川崎市多摩区・川崎市中原区・川崎市宮前区 ・横浜市青葉区・横浜市旭区・横浜市泉区・横浜市磯子区・横浜市神奈川区・横浜市金沢区・横浜市南区・横浜市港北区・横浜市栄区・横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市鶴見区・横浜市戸塚区・横浜市中区・横浜市港南区・横浜市西区・横浜市保土ヶ谷区・横浜市緑区・相模原市緑区・相模原市中央区・相模原市南区・藤沢市・鎌倉市・厚木市・座間市・海老名市・大和市・横須賀市・逗子市・葉山町・綾瀬市・茅ヶ崎市・寒川町・平塚市・伊勢原市藤沢市・茅ヶ崎市・鎌倉市・ 逗子市・横須賀市・ 三浦市・ 綾瀬市・海老名市・大和市・ 小田原市・秦野市・南足柄市・伊勢原市・ 相模原市・平塚市・座間市・厚木市

など神奈川県の全域でベッドやマットレスの買取りをしております。

 

■埼玉県でベッドマットレスの買取り地域

さいたま市・川越市・ 三郷市・吉川市・八潮市・ 草加市・川口市・越谷市・ 朝霞市・和光市・蕨市・戸田市・ 志木市・新座市・富士見市・ 所沢市・狭山市・ふじみ野市・ 入間市・日高市・飯能市・ 春日部市・上尾市・蓮田市・白岡市・ 加須市・久喜市・幸手市・ 羽生市・熊谷市・行田市・ 本庄市・深谷市・秩父市・ 坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市・ 桶川市・鴻巣市・北本市でベッドやマットレスの買取りをしております。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

ベッドの買取り

はじめての方へ

スタッフ紹介

お客様の声

よくある質問

会社概要

お問い合わせ

ベッド一覧

カッシーナ

キングスダウン

フランスベッド

シモンズ

東京ベッド

ドリームベッド

シーリー

日本ベッド

IDC大塚家具

 

 

フェイスブック  ツイッター